トランプの雑学を徹底紹介!「ユースカジノ」で遊べるゲームとは?

雑学やコラム

これまでカジノで遊ぶ際には、日本を出て海外に行かなければなりませんでした。

なぜなら、日本は法律で運営できないからです。

しかし、インターネット社会が到来して以来、オンラインカジノを運営するサイトも増えました。日本に滞在していてもカジノを楽しめるようになったのです。

様々なゲームを楽しめますが、中でもトランプが大衆に馴染みがあります。

トランプの雑学を紹介していきながら、業界No.1の実績を誇るオンラインカジノについて解説します。

トランプの由来に関する雑学

起源は明確に分かっていない

トランプは非常にバランス良く作り込まれていますが、実は起源が明らかではありません。

起源と考えられている国は

  • 古代エジプト
  • インド
  • 中国

の三種類があります。

古代エジプト起源説だと紀元前3000年〜紀元前30年、インド起源説を採るのであれば6世紀頃、さらに中国起源説を採用したら大体12世紀あたりと時期が異なるのも面白いポイントです。

欧州に伝わったのはいつ?

3つの起源説を考慮しても、トランプは欧州から生まれた遊びではありませんでした。

では、いつ欧州にもトランプで遊ばれたかを見ていくと、およそ14世紀頃だと考えられています。

皆さんも絵柄を思い出して貰えると分かるはずですが、日本で使われているデザインは西洋の王や王妃です。

日本に伝えられたのは、欧州で用いられていたトランプでした。

因みに、日本に到来したのは戦国時代と研究されています。

 

欧州に初めて伝わったトランプは、アラブで遊ばれていた道具だとする説が有力です。

当時のトランプは、現代のようなハート・ダイヤ・クラブ・スペードではなく、貨幣・カップ・刀剣・ポロの競技に使うスティックが描かれています。

しかし、西洋ではポロが流行っていなかったので、スティックのデザインだけ変更した国もあったようです。

例を挙げればスペインは棍棒に、イタリアは杖に修正されました。

後の15世紀頃にフランスが抜本的な大修正を行い、現在にも使われているデザインが明瞭で分かりやすいトランプに進化します。

無論、各国によって多少のデザインの差異は見られます。

このようにトランプに関する雑学は、歴史と大きな関わりを持っているのです。

トランプとカジノに関する雑学

次に、トランプとカジノの関係性についての雑学を紹介していきましょう。

現代のカジノにとって、トランプは欠かせない娯楽の1つです。

一般的な家庭用ゲームとして遊ばれているので、大衆にとっても馴染み深い存在となっているでしょう。

 

しかし、本来のトランプは大人の賭け事のツールでした。

カジノが運営される以前から、トランプを使った博打が世界で流行していたのです。

日本も例外ではありませんでした。

ただ、日本の場合はトランプが伝来して間もなく、土佐国の戦国大名である長宗我部元親がトランプによる賭け事を禁止します。

江戸時代でもトランプは大人の遊びとして流行りましたが、幕府は人々の怠慢を危惧して幾度となく禁止命令を出していました。

 

以上のような名残から、アメリカやヨーロッパでは現在もトランプがカジノで使われているのです。

こういった雑学も覚えておくと、トランプがより楽しくなるかもしれません。

カジノが採用しているトランプにかかるゲームは、想像以上に種類が用意されています。

オンラインカジノも積極的に使っており、特に『ユースカジノ』はトランプによるゲームの数が豊富です。

ユースカジノの魅力

ユースカジノは、最大の規模を持つオンラインカジノとして知られています。

2000種類以上にわたる豊富なゲーム数のみならず、日本語にも対応できるのが優れた特徴です。

賭け金にはドルが主に使われていますが、ビットコインやイーサリアムなどのような仮想通貨も対応可能となっています。

 

会員登録の手続きも複雑ではないので、画面の案内に従いながら基本事項を入力していきましょう。

他にも、ライブによるトランプのゲームも多いのが強みです。

用意されているトランプによる遊びの数々を下記にまとめます。

ルールを雑学も踏まえながら説明していきましょう。

ユースカジノで遊べるトランプゲーム

ブラックジャック

ブラックジャックはこれまでの人生で遊んだ経験のある方も多いはずです。

配られたカードの数字の合計が「21」に近いプレイヤーの勝利となります。

ただし、「21」を超えたらその時点で負けです。

点数は、「2」から「10」までは描かれている数字が反映され、「J」から「K」は10点となります。

「A」は1点と11点に姿を変える便利なカードです。

 

ブラックジャックをプレーする際には、モニターに映っているディーラーと勝負します。

比較的テーブルが多めに用意されているため、自身の好きなタイミングで参加できるのが特徴です。

ゲームをスタートする前に、賭け金としてドルをテーブルの上に置きます。

賭け金の額は俗にベット額と呼ばれていて、カジノで遊ぶ際の基本となるルールです。

 

ブラックジャックは他のゲームと比べると、ベット額が高めに設定されています。

中には、低いベット額で遊べるインフィニットブラックジャックやパワーブラックジャックがあるので、しっかりと状況を見てゲーム選びに進みましょう。

ベットを賭けたら2枚のトランプが渡されるので手持ちで勝負するか、もう1枚カードを引くか選びます。

ディーラーは自身のカードを開示して、点数を先に確認します。

ディーラーの点数は必ず17点以上でなければなりません。

仮に16点以下だった場合は、もう1枚カードを引くのが絶対条件です。

 

ディーラーがカードを引いて点数が21点を上回ったら、プレイヤー側が問答無用で勝利します。

プレイヤーが勝利したら、賭けたベット数の2倍の金額が支払われます。

最初にカードが渡された段階で「A」と「10」の数字だった場合は、返してもらえる金額は2.5倍です。

点数の合計がディーラーと同じであれば、賭けたベット数はそのまま返金されます。

親しみやすいルールで、還元率も高いので手始めに遊んでみるといいかもしれません。

バカラ

バカラは家庭で遊ぶ機会は少ないかもしれませんが、カジノに興味がある方には馴染みのあるゲームです。

カジノの雑学としては、必要不可欠な遊びです。

比較的還元率の高い種類として知られています。

バカラはプレイヤー(先攻)とバンカー(後攻)のどちらが勝利するかを予測します。

遊びの内容自体はブラックジャックに近いですが、バカラはトランプが配布される前にベットを賭けます。

 

また、数字の合計の下一桁が「9」に近いプレイヤーが勝利するところもブラックジャックとルールが異なる部分です。

プレイヤー側の勝利と予測して当てた場合は2倍、バンカー側で推理が的中したら1.95倍になって返金されます。

最も点数が大きくなるのは引き分けを当てた場合で、ベット数の8倍の報酬が返ってきます。

万が一、引き分けを当てられなくとも、賭けたベット数がそのまま返金されるので損はしません。

ユースカジノであれば、通常のバカラよりも流れが円滑な高速バカラやカードの配布と賭けの順番を逆にしてカードの内容の一部を確認できるバカラクイーズもあります。

得意なジャンルを見つけて、ゲームを選んでいきましょう。

ドラゴンタイガー

カジノで遊んだ経験がない方からすれば、ドラゴンタイガーという名称を耳にする機会は殆どないでしょう。

名前を知っているだけでも、トランプに関する雑学王と呼ばれるかもしれません。

ドラゴンタイガーはバカラのルールをよりシンプルにしたゲームで、2枚ではなく1枚のカードを使って遊びます。

 

バカラはプレイヤーとバンカーのどちらが勝利するかを予想しますが、ドラゴンタイガーだと「ドラゴン」と「タイガー」に分かれます。

トランプの優劣の見方も非常に単純で「A」が最も弱く、「K」が最強です。

バカラであればプレイヤーとバンカーのどちらが勝利したかで報酬額も変わりますが、ドラゴンタイガーは勝った方にさえ予想すれば賭け金の2倍の報酬額を貰えます。

引き分けだと予想したら得られる報酬は賭け金の12倍です。

 

ドラゴンタイガーの場合は、数字と絵柄が共に同じだったらスーテッドタイとなり、報酬はベット数の51倍と一気に跳ね上がります。

一方で、ドラゴンかタイガーの勝利を予想して結果が引き分けだとしたら、ベット数の半分が没収されます。

雑学にも目を通してトランプを楽しもう

トランプとカジノに関する雑学を勉強していくと、様々な説も存在していてとても奥が深いです。現代では子どもにも愛される娯楽ですが、到来した頃は大人の賭け事に使われていました。

カジノにトランプが使用されているのも、こういった歴史や雑学を少なからず反映しています。

ユースカジノがオンラインカジノの中でも、トランプのゲームの数が豊富です。

興味があったら登録を済ませて、お気に入りのゲームを探していきましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました