ユースカジノにあるブラックジャックの種類を実戦にて解説!

ブラックジャック

ユースカジノでは、様々な種類のブラックジャックをプレイできます。

ゲーム感覚で気軽に遊べるテーブルゲームのブラックジャックはもちろん、臨場感溢れるライブブラックジャックの提供もユースカジノの特徴です。

今回は、ユースカジノのブラックジャックの種類や遊び方、基本的な用語をご紹介します。

ユースカジノのブラックジャックの種類

ユースカジノでは、定番のブラックジャックから特殊ルールのブラックジャックまで、以下の種類のブラックジャックを楽しめます。

  • 定番ルールのブラックジャック
  • スピードブラックジャック
  • パワーブラックジャック
  • インフィニットブラックジャック
  • オールベットブラックジャック
  • マジョリティルールブラックジャック
  • サロンプリヴェブラックジャック

初心者がプレイしやすいのは定番ルールですが、特殊ルールもそれぞれ魅力があります。

まずは自分に合った種類を探し、ブラックジャックを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

それぞれの特徴や遊び方は、以下を参考にしてください。

定番ルールのブラックジャック

ブラックジャックには、特有のカードの数え方があります。

  • 2~10/数字のまま
  • J・Q・K/10としてカウント
  • A/1か11としてカウント

ブラックジャックは「21」を目指してハンドを作るゲームです。

21を超えずに、21または21に近いと勝ちます。

またプレイヤー同士の勝負ではなく、ディーラーとの勝負です。

定番ルールの勝ちパターンは、以下になります。

  • ブラックジャックを引く
  • ディーラーがバースト
  • ディーラーより数字が大きい

ディーラーのハンドが21を超えた場合、ディーラーより大きな数字を出した場合は、プレイヤーの勝ちです。

2枚のカードで21を作るブラックジャックを引いた時も、勝ちが確定します。

負けパターンは、その反対と考えてください。

ディーラーとハンドが同じ場合は、「引き分け」です。

定番ルールの基本フローは、以下の通りです。

1.空いているテーブルにつき、勝負をはじめます。

2.正面のボックスに賭けたい金額のチップを置きます。

3.配られたカードを確認してカードの追加を判断します。

4.追加しない場合は、「スタンド」を選択してください。

5.カードを追加する場合は、「ヒット」を選択します。

6.ディーラーのアクションが終わり、21または21に近い方が勝利となります。下記の場合、ディーラーは21を超えているので、プレイヤーの勝利です。

 

基本的な追加ルールとして、「スプリット」があります。

スプリットは、はじめに配られた2枚のカードが同じ数の場合、それぞれ別のハンドとしてプレイする方法です。

はじめの金額と同額を賭け、2つのハンドとしてプレイします。

あとは通常ルールと同様に、それぞれのハンドでアクションを選択します。

 

通常ルールの2つめが、「ダブルダウン」です。

ダブルダウンとは、カードを1枚追加することを条件に、掛け金を2倍に増やせるルールです。

上記でダブルを選択したので、掛け金は1ドル→2ドルとなり、カードが1枚追加されました。

 

ブラックジャックは基本ルールを理解すると、攻略法を実践しやすいです。

ユースカジノではライブ、テーブルゲーム共に定番ブラックジャックがあります。

特殊ルールも基本は定番のブラックジャックと同じケースが多いため、初心者は定番のブラックジャックがおすすめです。

スピードブラックジャック

通常ブラックジャックと同様のルールですが、ゲーム展開が速いです。

通常のブラックジャックだと、ディーラーの左にいるプレイヤーをはじめとし、右回りにディールします。

そのため、他のプレイヤーの順番を待つ時間が必要です。

スピードブラックジャックはその時間が短縮されるため、通常の3割~4割程度早く終わります。

スピードブラックジャックの基本フローは、以下の通りです。

1.空いているテーブルに座り、賭けたい金額のチップを正面に置きます。

3.配られたカードを確認します。

4.カードの追加に応じてアクションします。

スピードブラックジャックは右回りのディールではないので、他のプレイヤーのアクションを待つ必要がありません。

アクションが早いプレイヤー順にカードが配られます。

スピードブラックジャックはディーラーの手さばきが速く、アクションが短時間です。

 

パワーブラックジャック

基本的なルールは通常のブラックジャックと変わりませんが、パワーブラックジャックにはいくつか特殊な点があります。

トリプルダウン・クアドラプルダウン

通常のブラックジャックでは、掛け金を最大2倍に増やせる「ダブルダウン」があります。

ダブルダウンと同じ要領で掛け金を3倍に増やすのが「トリプルダウン」、4倍に増やすのが「クアドラプルダウン」です。

パワーブラックジャックではスプリット後も上記のアクションができるため、最高で8倍まで掛け金を増やせます。

サイドベット

パワーブラックジャックは、サイドベットで通常と異なる楽しみ方ができます。

【パーフェクトペア】

プレイヤーにはじめに配られる2枚に対して賭けます。

賭け方と配当は、以下の通りです。

サイドベットの種類 2枚のカードの条件 配当
Mixed Pair 異なる色とスートで同じ数字 6:1
Coloured Pair 異なるスートで同じ数字と色 12:1
Perfect Pair 同じカード 25:1

【21-3】

プレイヤーのはじめの2枚と、ディーラーのアップカードに対して賭けます。

賭け方と配当は、以下を参考にしてください。

サイドベットの種類 2枚のカードの条件 配当
Flush 異なる数字と同じスート 5:1
Straight 違うスートで数字が続く 10:1
Three of a Kind 異なるスートと同じ数字 30:1
Straight Flush 同じスートで数字が続く 40:1
Suited Trips 同じカード 100:1

【エニーペア】

プレイヤーのはじめの2枚が「同じ数字」と予測して賭けます。

2枚のカードの条件 配当
異なるスート 8:1
同じスート 25:1

【バストイット】

ディーラーがバーストするまでの枚数に対して賭けます。

バーストまでの枚数 配当
3枚 1:1
4枚 2:1
5枚 9:1
6枚 50:1
7枚 100:1
8枚 250:1

「9」と「10」

パワーブラックジャックは8デッキで、52枚のうち「9」と「10」を使用しません。

 

インフィニットブラックジャック

初心者~上級者まで、レベルを問わず楽しめます。

インフィニットブラックジャックのインフィニットは、「無限」の意味を持ちます。

その名前の通り、座席に上限がありません。

遊びたい時に、必ず席につけます。

特殊ルールはないため、基本フローは通常と同じです。

他のプレイヤーは画面上に表示されませんが、アクションは待つ必要があります。

 

オールベットブラックジャック

6種類のサイドベットがあり、席数が無制限です。

待ち時間がないので、スムーズにゲームを進めたい方におすすめです。

基本ルールは通常のブラックジャックと同じですが、サイドベットが豊富です。

【Buster Blackjack】

ディーラーのバーストで配当を獲得できるサイドベットです。

バーストまでの枚数 配当
3枚または4枚以上 2:1
5枚 4:1
6枚 18:1
7枚 50:1
8枚 250:1
7枚+プレーヤーのブラックジャック 800:1
8枚以上+プレーヤーのブラックジャック 2000:1

【TOP3】

プレイヤーにはじめに配られる2枚と、ディーラーのアップカードに賭けます。

3枚のカードの条件 配当
スリーカード 90:1
ストレートフラッシュ 180:1
同じスートのスリーカード 270:1

【Player Pair】

プレイヤーのはじめの2枚に賭けます。

サイドベットの種類 2枚のカードの条件 配当
Mixed Pair 異なる色とスートで同じ数字 6:1
Coloured Pair 異なるスートで同じ数字と色 12:1
Perfect Pair 同じカード 25:1

【21+3】

プレイヤーのはじめの2枚と、ディーラーの2枚に賭けます。

ポーカーの役のようになれば配当を獲得できます。

役の種類 配当
フラッシュ 5:1
ストレート 10:1
スリーカード 30:1
ストレートフラッシュ 40:1
同じスートのスリーカード 100:1

【Lucky Lucky】

プレイヤーのはじめの2枚と、ディーラーの1枚が特定の組み合わせの場合に配当を獲得できます。

組み合わせ 配当
20または19 2:1
21 3:1
同じスートの21 15:1
678 25:1
777 50:1
同じスートの678 100:1
同じスートの777 200:1

【Dealer Pair】

ディーラーのはじめの2枚の組み合わせによって配当を獲得できます。

種類 2枚のカードの条件 配当
ミックスペア 数字のみ同じ 6:1
カラードペア 同じ色と同じ数字 12:1
Perfect Pair 同じスートと同じ数字 25:1

ちなみにオールベットブラックジャックでは、サイドベットを組み合わせるのは可能ですが、サイドベットのみに賭けるのはできません。

マジョリティルールブラックジャック

マジョリティ―ルールブラックジャックは、テーブルについたプレイヤーの多数決で、アクションが決まります。

スタンドを選択したプレイヤーが多い場合は、スタンドのアクションとなります。

ヒットを選択したプレイヤーが多い場合は、ヒットのアクションになります。

ブラックジャックの知識があるユーザーが多ければ、ゲームに勝ちやすいです。

しかし多数決の結果によっては、自分の思うようにいかないケースもあります。

 

サロンプリヴェブラックジャック

ハイローラーに向けたテーブルです。

ルールは定番のブラックジャックと同じですが、ディーラーと1対1での勝負が多い傾向にあります。

また、掛け金が通常よりも高額です。

目安ですが、10,000ドル程度あれば安心して遊べます。

ブラックジャックの基本用語を解説

基本的な用語を覚えると、スムーズにゲームを進行できます。

ブラックジャック

「10・J・Q・K」と「A」の組み合わせを指します。

アップカード

ディーラーの表向きのカードの意味です。

ダウンカード

ディーラーが伏せているカードを指します。

ヒット

カードを1枚追加する意味です。ヒットは21を超えるまで何回でもできます。

ステイ

現状の手で勝負するアクションです。

ダブルダウン

次のカードで追加終了を条件に、最初と同額のチップをベットします。

スプリット

始めに配られた2枚のカードが同じ数字の場合、ハンドを2つに分けるアクションを指します。その際、はじめに賭けた金額と同様の金額をベットします。

インシュランス

1枚目のディーラーのカードが「A」の場合、相手のブラックジャックの可能性に賭けて、初めに賭けたチップの半分を賭けます。ディーラーが予想通りブラックジャックだと、負けてもマイナスになりません。

サレンダー

自身のカードが悪い場合、はじめに賭けたチップの半分を払い、勝負をやめるアクションです。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました